初心者向けに採用支援サービスとはどのような事なのか解説します

企業の採用計画は内部情報であり、信頼がおける正社員のみに扱わせているところが大部分です。しかし、価値観の多様化と国際化によって、従来の採用方法だけでは優秀な人材を獲得しにくくなり、採用活動を多角的に支援してくれるサービスの需要が増しています。より優秀な人材を効率的に採用していくためには、プロの目による根本的な見直しから始めることも効果的です。採用支援の対象は幅広く、新卒の定期採用からスポット的な中途採用、近年になって注目されている外国人採用についても含まれています。ただし、サービス内容も千差万別だから、自社にとって本当に必要であるかどうかの見極めが重要です。コンサルティングの性質上、本来は社外秘の情報を扱わせるので、守秘義務を順守してくれる業者を選びましょう。

忙しくて手が回らない人事のサポートとしての役割

採用支援サービスを利用すると、採用活動を一手に担っている人事部の負担を減らせます。重要度が高い採用活動は安易に派遣社員に任せられないので、どうしても担当となった正社員に業務が集中しがちです。ところが、応募者にとっては多くの企業の1つにすぎないので、応募したのに返答が遅いとなったら、それだけで候補から外されてしまい、結果的に人が集まらない事態になりかねません。採用支援サービスでエントリーから面接までの手続きを代行してもらえば、人事部の担当者は本当に大切な業務にだけ取り組める上に、レスポンスが早いことで評判が良くなります。採用のプロとして動いてくれるから、安心して採用活動の一部を任せられるのが特徴です。応募者を絞り込む段階の一次面接まで委託すれば、人事部としての採用活動にかかる手間を最小限に抑えられます。

スマートな採用活動で優秀な人材に注目してもらう

少子高齢化が進行中の日本では、将来有望な若手や即戦力の人材が貴重であり、いかにして彼らに注目してもらうのかがポイントです。大企業並みのスマートな採用活動を行うには、様々な企業で問題解決をしてきた採用支援サービスを利用するのが有効で、その企業が必要としている人材の定義から見直せます。社内だけで考えるのに比べて、短期間で計画的に採用活動を改善できるのが大きなメリットです。さらに、自社が求めている条件によって人材を紹介してもらうことも、採用支援サービスを利用すれば可能になります。その他には、イメージ戦略としての宣伝広告も行っており、自社の存在を広く知ってもらいながら、並行して採用活動の改善を進められます。優秀な人材は応募する際の対応でも判断しているので、採用する側の態度や返答についても、プロと相談しながら磨き上げていくべきです。